中小企業庁・M&A支援機関に登録されました

中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤を構築するため、2021年からM&A支援機関に係る登録制度が開始され、10月7日付けの最終公表の結果、当事務所は中小企業庁のM&A支援機関に登録されました。

(千葉県内では26支援機関、市川市内では3支援機関のみの登録となります)

https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2021/211007m_and_a.html

 

事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)において、M&A支援機関の活用に係る費用については、予め登録されたM&A支援機関の提供する支援に係るもののみが補助対象とされます。

※なお、M&A支援では大きく分けて仲介形式(譲渡側と譲受側の両方と契約する形態)とFA形式(ファイナンシャルアドバイザー、譲渡側または譲受側のいずれかのみと契約する形態)がありますが、仲介形式の場合は利益相反行為となる可能性があるため、当事務所ではFA形式のみの対応となっています。

 

後継者不在企業が廃業を回避するための事業承継対策(譲渡側)であったり、スタートアップベンチャーの事業拡大戦略(譲受側)であったり、企業経営におけるM&Aの重要性がますます高まってきており、当事務所でもM&A関連のご相談が以前にも増して多くなっております。

当事務所はM&Aの専門支援機関として、今後さらにM&A支援業務に注力してきたいと考えています。

どうぞ宜しくお願い致します。